昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

クラシック音楽で、豊かな社会を【1】

アマチュアオーケストラの音が、地域の力を呼び覚ます。

2018/12/20

PR

応援のカタチ Ver.2

次世代のリーダーを育成する場も提供。

 トヨタ自動車のアマチュアオーケストラの応援には、トヨタコミュニティコンサート以外にもふたつある。そのひとつが、音楽を通した青少年の育成を目的とした『トヨタ青少年オーケストラキャンプ(TYOC)』。こちらも1985年から続く歴史あるプログラムだ。

 このキャンプは2年1クールで開催。3泊4日の合宿研修を2年で2回行い、2年目の最後に練習成果を披露する特別演奏会を開催。対象は全国のアマチュアオーケストラで活動する中学生~大学生約150人。日本だけでなく海外からの参加者も集まり、音楽という共通項で出会った仲間たちが切磋琢磨しながら技術を磨き、音楽への意識を高め合う場だ。

山陰フィルハーモニー管弦楽団 松本晶子さん
山陰フィルハーモニー管弦楽団 松本晶子さん

 上で紹介している山陰フィルにもTYOC経験メンバーがいる。その一人、松本晶子さんは、「中学生のときに3つの大会参加しましたが本当に刺激的な経験でした。あの人数で練習する機会は初めてでしたし、プロの講師の方に指導してもらえるなんて夢のよう。今でも一緒に合宿したメンバーや講師の方と交流がありますが、間違いなく私の音楽人生に大きな影響を与えてくれています」とその存在の大きさを語る。次回はTYOCの活動をメインにリポートする。