昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載この人のスケジュール表

2歳で失明、ラジオで音楽を吸収――“フォーク・シンガー”長谷川きよし69歳の生き様

長谷川きよし――この人のスケジュール表

 年の初めに東大安田講堂事件のあった1969年の7月、「別れのサンバ」で鮮烈にレコード・デビューした長谷川きよしさん(69)。デビュー50周年を控え12月6日に東京・代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」で、ソロコンサートを開く。「歌って生活できればそれでいいと思って、あとは流れに任せてここまで来ました」

長谷川きよしさん

 デビュー当時「盲目のフォーク・シンガー」と言われ、自作曲をエッジの利いたギターとしなやかな声にのせて歌い、当時の若い音楽ファンを惹きつけた。2歳のときに失明、ラジオから流れてくるあらゆる音楽を吸収。クラシックギターを習い、やがて「銀巴里」で歌いプロの道へ。

 シャンソン、ラテン、ジャズ、ポップスなどの要素を取り入れ、唯一無二のスタイルで、オリジナル曲をはじめ野坂昭如の「黒の舟唄」のカバーや加藤登紀子とのデュエット「灰色の瞳」などでヒットを飛ばした。2005年には椎名林檎のステージに登場、12年にはNHKの「SONGS」に出演。「ツイッターですごい反響がありました。若い人が聴いてくれたのは嬉しかった。これから先の長谷川きよしに、期待をもっていただけるようなライブにしたいと思います」

INFORMATION

長谷川きよし ソロ・コンサート​
http://haremame.com/schedule/64431/