昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載桜庭一樹のシネマ桜吹雪

『シシリアン・ゴースト・ストーリー』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

「被害者一名」の顔

2018/12/02

 酔っ払い運転による交通事故や、無差別殺人など、あまりにも理不尽な事件が、ときおり起こる。そんなニュースに接するたび、わたしは、亡くなった被害者のお名前やお顔、人となりなどを、つい知りたくなってしまう。

 そういうのはプライバシーの侵害だ、よくないことだという批判は、もちろん多い。自分でも下世話だなぁと恥ずかしくなる。

 でも。内心、それだけじゃないのに、という気持ちもある。

 わたしは、生身の誰かが、“被害者一名”というある種の記号に変えられてしまうのが、恐いのだ。もし自分が被害者になったとしても、名前や経歴や、どんな人生を送ってきたかを、見知らぬ人たちに知ってほしい、実存に迫ってほしいと願う。 

……これって、変かな?

 そうして、死者が記号的存在から具体になったとき、本当に悲しみ、悼むことができる。そんな思いもあって、つい報道を追ってしまう……。

 さて。この映画は、一九九三年にイタリアで起こった殺人事件をもとにした青春ダークファンタジーなのだ。

 ある日、十三歳の少年ジュゼッペが村から忽然と姿を消した。父親を脅すため、マフィアが誘拐したのだ。少年は監禁されて衰弱し……。

 監督コンビは事件が起きたシチリアの出身者。七百七十九日後に殺され、遺体を硝酸で溶かされた被害者のことが、ずっと忘れられなかったのだという。

 映画の終盤。作り手はフィクションだけにできるミラクルな方法で創作と現実の壁を超え、“被害者一名”の顔と独特の眼差しを観客に提示する。少年の姿はゴーストとなりスクリーンに蘇る。これを観た人たちは、実際の事件も、少年の存在も、けっして忘れないだろうなぁと、わたしは思った。

 フィクションは、ジャーナリズムとは違う形で、現実の悲劇とこんなふうにコミットできたのか。そんな驚きとともに観終わりました。

©2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM

INFORMATION

『シシリアン・ゴースト・ストーリー』
12月22日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開
http://sicilian-movie.com/