昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“恋愛下手の星”back number 既婚者報道のウラに「二股交際」相手女性が涙の告白

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

 映画「銀魂2」やTBSドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」の主題歌を担当する人気ロックバンドback numberのボーカル清水依与吏(しみずいより・34)。プライベートを明かさない清水だが、実は既婚者で幼稚園に通う男児がいたことを11月16日発売の「フライデー」が報じた。

back numberのシングル曲「高嶺の花子さん

 だが清水は2012年8月から2014年7月まで、女性タレント・A子さんとも交際しており、現在の妻と二股関係にあったことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。12月1日(土)に放送したインターネット番組「直撃!週刊文春ライブ」が報じた。

 buck numberといえば、今年行われた名古屋、東京、大阪ドームツアーは即日ソールドアウト。来年は全国アリーナ・ツアーを予定している。

「甘酸っぱく、切ないラブソングが人気のバンドです。ストレートに好きと言えないイマドキの草食系男子の心をリアルに捉えており、清水が書く歌詞は、恋愛下手な清水の等身大の姿だと言われています」(音楽ライター)

 隠されていた妻子の存在に多くのファンが驚きの声をSNSなどで上げていたが、何よりショックを受けたのは、関西在住のタレント・A子さん(30代)だった。

「私は、彼と2014年の夏まで約2年間交際していました。彼は大阪でライブがあると決まって招待券をとってくれました。お互いオモテに出る仕事だからと言われ、デートの多くは彼のホテルの部屋。お酒を飲んだり、仕事の話をしたり、部屋で楽しく過ごしました」

清水との交際を明かしたA子さん ©文藝春秋

 A子さんのスマホには、彼女の水着を着てはしゃぐ清水の画像が残されていた。

「別れは一方的で、2014年の7月、東京の彼の家に遊びに行くことを約束して、新幹線に乗って上京したのですが、東京でLINEも電話もまったく繋がらないのです。

 今回のフライデー報道で、幼稚園に通うお子さんがいることを知って、どう考えても日が合わない。やっと二股だったと気付きました。歌詞のままの草食系で誠実な依与吏くんだと信じきっていた私がバカでした」(A子さん)

 清水との別れが原因で今も心身ともにダメージが残っているという。

 清水の所属事務所に事実確認を求めたところ、こう回答した。

「A子さんと大阪で数回お会いしたこと、男女の関係を持ったことは事実です」

 彼女の水着を着てはしゃぐ清水の写真を含め、詳細は「週刊文春デジタル」のオリジナル記事として掲載している。また同チャンネルでは関連動画も公開中だ。

この記事の全文は下記サイトで購読できます

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。