昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

独立リーグで活躍する17歳 三山篤郎を知っているか?

文春野球コラム ウィンターリーグ2018

2018/12/04

人目もはばからず泣き崩れた三山

 田辺市で行われた和歌山ファイティングバーズとのチャンピオンシップ。兵庫は勝てばもう1戦できる。負ければそこで終わり。きっと三山は投げるに違いないと私も田辺市へ向かった。

 4点リードの6回、満を持して三山が登板する。しかし、二死を取ったところで和歌山の4番松浦仁にホームランを浴びる。松浦も巨人との交流戦で2本のホームランを打った強打者だ。3点差。次の回も三山が投げる。だが、ホームランで勢いづくスタンドの空気に次第に三山が飲まれていく。あの三山がストライクが入らない。焦ったのかバント処理もミスしてしまった。ここで初めて焦りみたいなものが顔から見えた。さらに無死満塁からタイムリーと犠飛で1点差。

 監督の鈴木伸良と内野手たちがマウンドに集まる。マウンドに集まる三山より年上の選手たちは笑っていた。お前で打たれるなら文句はないよ、と言っているような感じだった。さながら、甲子園のように。

マウンドに集まり、笑顔で三山を励ます監督とチームメイト

 その後、二死満塁で再度松浦に打順が回ってきた。三山の投げた渾身のボールを、松浦が引っ張り込んだ。打球はファーストの松本聡の下を抜けた。逆転。歓喜に沸くスタンドをよそに三山は顔色を変えず、次の打者を打ち取った。ベンチに戻った後、三山の顔は真っ赤だった。そのまま試合を一心に見つめていた。

 結局兵庫は再逆転をすることができず、敗戦。和歌山の優勝が確定した。マウンドではしゃぐ和歌山ナイン。その横で整列する兵庫ナインの中、三山は人目もはばからず泣き崩れた。ベンチに戻っても泣き続けていた。その大きな肩には疲労やプレッシャー、そしてチーム全員の思いが乗っていた。その肩を先輩たちに支えられながら17歳のプロ1年目が終わった。

試合終了後、人目もはばからず泣き崩れた三山 提供/SAZZY

 その試合の後、私はたまたま帰り道のパーキングエリアで兵庫の選手たちと鉢合わせた。そこには食券売り場で何を買おうか迷ってウロウロしている17歳がいた。試合後2時間近く経っていた。気持ちは切り替わったのかな。いっぱい食べてまた元気に投げるところを見せてくれよ。そう思って遠くから眺めていた。

 三山の1年目は8勝2敗2セーブで最多勝。来季は15勝を目指し、ドラフト指名を狙うという。21世紀生まれの右腕がNPBで大暴れする日はそんなに遠くないはずだ。またNPB相手に飄々と投げてあっと言わせてやってほしい。

■12月4日、BASEBALL FIRST LEAGUEは関西独立リーグに名称変更したと発表がありました。
http://kandok.sd-esp.jp/

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ウィンターリーグ2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/9896 でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。