昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/12/06

チームを盛り上げた試合前の「すべらない話」

 11月23日。甲子園球場で行われたファン感謝デーで、中谷将大と伊藤隼太が「乳首ドリル」のパフォーマンスを見せた際に「西田直斗」と書かれた小道具がビジョンに映し出されて、ファンが沸く一コマがあった。実は前日、西田の自宅で深夜まで2人はリハーサルを行っていた。入団時から可愛がってもらい、前年のファン感ではコンビを組んで芸を披露した1歳上の中谷は「西田、明日出てくれよ~」と最後まで懇願。ムードメーカーとしても、チームに欠かせない存在だった。

入団時から可愛がってもらっていた中谷将大(左)とのツーショット ©遠藤礼

 今季は、2軍の試合前に組む円陣で西田が「すべらない話」を披露する儀式が定着していた。日常を切り取ったものから、下ネタまで……クオリティーの高さは相当なもので2軍を指揮していた矢野燿大監督も大爆笑だったという。戦力外通告を受けた直後、監督からは、長文のメールが届いた。「ファームは日本一になったけど、今年は、本当に西田の声に助けられた。本当にありがとうな」。

 誰かを笑顔にする――。間違いなく、彼にはそんな才能が備わっていた。何度も、僕も救われたから断言できる。野球界から離れて進み出す第2の人生でもきっと、大きな武器になるはずだ。

 先日、なじみの鉄板焼き店で、ささやかな慰労会を開催した。店を出ても、いつものように「お疲れした!」と互いに言い合って別れた。選手と記者という関係で接してきた7年間に感謝し、僕は、その背中を「ありがとう」と「これからもよろしく」の思いを込めて見送った。

遠藤礼(スポーツニッポン)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ウィンターリーグ2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/9706 でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。