昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「やばい、やばい」 吉澤ひとみはひき逃げしてもなぜ断酒できないのか

「毎日のようにキッチンで(酒を)飲んでいた」――。

 酒気帯び運転でひき逃げ事故を起こし、道路交通法違反と自動車運転処罰法違反の罪に問われた「モーニング娘。」元メンバーの吉澤ひとみ被告(33・本名・川前ひとみ)の初公判が11月29日に東京地裁であり、検察側が夫の供述調書を読み上げた。

 吉澤は9月6日朝、東京都中野区を飲酒運転で走行し、時速86キロで赤信号を無視して交差点に進入。横断中の男女2人にけがを負わせたのに救護せず、現場から立ち去ったとして起訴された。

9月27日、保釈後に報道陣の前で謝罪した吉澤 ©共同通信社

 司法記者が法廷での吉澤の様子を話す。

「グレーのスーツに白いシャツ姿の吉澤は、以前は茶色かった髪が黒くなり、化粧も薄い印象でした。裁判官に『無職?』と聞かれると、消え入りそうな声で『はい』と答え、認否については『(起訴事実に間違いは)ありません』と答えました」

 検察側の冒頭陳述によると、吉澤被告は前夜からアルコール度数9%の缶チューハイ3缶と焼酎のソーダ割2杯を飲んで事故当日の午前1時ごろに就寝。約5時間後に起床し、車で家を出て事故を起こした。ドライブレコーダーには「やばい、やばい」と焦る本人の声が記録されていたが、その場から逃走していた。