昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

女優・鈴木保奈美が語る“Tiffany on my mind.”わが心のティファニー

 それぞれのジャンルで輝きを放つ5人の女性と、その手もとで時を紡ぐティファニーのプレシャス・ウォッチ。凛とした美しさに、ティファニーが華を添える。最終回のゲストは、女優・鈴木保奈美さん。


 

 鈴木保奈美さんが“トレンディドラマの女王”としてブレークしたのは、いまから27年前のこと。その後、結婚、出産を機に、仕事を休止。そして、ほぼ10年間のブランクを経て、2011年、本格的に女優として復帰した。

「子どもが生まれて、これからは『お母さんとしての人生』なんだと観念したんです(笑)。でも、子どもってどんどん成長していく。そうすると、意外と早く『お母さん』ではない『私』の人生がまた戻ってくるんじゃないか。ひょっとしたら、その後の人生のほうが長いんじゃないかと、気づいたんです」。保奈美さんはそう語る。ボーイ・ミーツ・ガールで、ふたりは結ばれ、めでたし、めでたし。映画や小説ならそうかもしれない。でも、実際の人生は違う。ストーリーはそこで終るわけではない。そこから先が長い。

「年を重ねることからは逃げられないわけでしょ。それって当たり前のことだから。だったら楽しくやっていきたい。今日より明日、今年より来年を楽しく過ごすために必要なものがあるのなら、しっかり準備する。たとえば体力をキープするとか、必要な知識を学ぶとか」。人生をもっともっと楽しみたい。「わたしは欲張りだから」と保奈美さんは笑う。

 歳をとることを否定するのではなく、胸を張って肯定する。そして新しい人生のストーリーを編んでいく。保奈美さんの歩みは、結晶となってダイヤモンドの輝きを放つ。その手元を彩るティファニーウォッチ「アトラス」のように。

ニューヨークのティファニー本店正面に掲げられたアトラス時計。アイコンとして、ティファニーの歴史を紡いできたシンボルが、時を越え、可憐な新作ウォッチとして生まれ変わった。ベゼル、インデックス、リュウズにセッティングされたダイヤモンドが美しく煌く。

ティファニー アトラス 24mm SSケース。
クオーツ、アリゲーターストラップ ¥735,000
メトロ フープピアス スモール18WG ¥580,000
コブルストーン ダイヤモンド バンドリング ¥700,000
ソレスト バンドリング ¥295,000
フルサークル ウエディング バンドリング ¥460,000

Honami Suzuki

1966年、東京都生まれ。86年に女優デビュー。91年『東京ラブストーリー』が大ヒットし、一躍人気女優となる。98年に結婚後、3女をもうけ、主婦業に専念。2011年NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国』で本格的に復帰した。10月から放映されているフジテレビ系月9ドラマ『SUITS/スーツ』では、織田裕二さんと27年ぶりの共演が話題となった。『婦人公論』に連載中のエッセイ「獅子座、A型、丙午。」も人気。

Photo: Yoshihito Sasaguchi(SIGNO)
Styling: Hisano Inubashiri
Hair&Make: Kyoko Fukuzawa
Design: Shiraishi Design Office

INFORMATION

ティファニー  アトラスはこちら
https://www.tiffany.co.jp/watches/atlas-watches

 バックナンバー

 作家 川上未映子が語る“Tiffany on my mind.”わが心のティファニー

 モデル・女優 中村アンが語る“Tiffany on my mind.”わが心のティファニー

 プロゴルファー・古閑美保が語る“Tiffany on my mind.”わが心のティファニー

    ヴァイオリニスト・諏訪内晶子が語る“Tiffany on my mind.”わが心のティファニー