昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

古典芸能解説者・葛西聖司氏が語る「人形浄瑠璃の魅力」とは
『夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)』の一場面。大阪の暑い夏と侠客(きょうきゃく)の世界を描いた世話物の傑作で、主人公・団七九郎兵衛(だんしちくろうべえ)の着物の柿色の太い格子柄は「団七縞(じま)」と呼ばれて、江戸時代に大流行しました。(2017年「第五回ながと近松文楽」公演より)©HAJIME WATANABE
3/7
『夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)』の一場面。大阪の暑い夏と侠客(きょうきゃく)の世界を描いた世話物の傑作で、主人公・団七九郎兵衛(だんしちくろうべえ)の着物の柿色の太い格子柄は「団七縞(じま)」と呼ばれて、江戸時代に大流行しました。(2017年「第五回ながと近松文楽」公演より)©HAJIME WATANABE
記事本文に戻る