昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

秋元康、児玉雨子、のんが参加したオレのソロアルバムに自信あり――近田春夫の考えるヒット
超冗談だから/近田春夫(ビクター)当コラム執筆者が『星くず兄弟の伝説』(1980)以来、38年ぶりに発売するソロアルバム。秋元康や児玉雨子が作詞で、のんが楽曲とギター演奏で参加。ムード歌謡、ラテン歌謡、アイドルポップス風、往年の名曲セルフカバーなど、バラエティ色豊かな全10曲を収録。作品中随所で炸裂するビブラートも堪能のしどころ。
2/2
超冗談だから/近田春夫(ビクター)当コラム執筆者が『星くず兄弟の伝説』(1980)以来、38年ぶりに発売するソロアルバム。秋元康や児玉雨子が作詞で、のんが楽曲とギター演奏で参加。ムード歌謡、ラテン歌謡、アイドルポップス風、往年の名曲セルフカバーなど、バラエティ色豊かな全10曲を収録。作品中随所で炸裂するビブラートも堪能のしどころ。
記事本文に戻る