プロフィール

安田 峰俊

やすだ みねとし

ノンフィクション作家

1982年生まれ、滋賀県出身。中国ルポライター、立命館大学人文科学研究所客員協力研究員。立命館大学文学部卒業後、広島大学大学院文学研究科修了。著書に『和僑』『境界の民』(KADOKAWA)、『さいはての中国』(小学館)、編訳書に『「暗黒・中国」からの脱出』(文藝春秋)など。2018年、六四天安門事件に取材した『八九六四』(KADOKAWA)が第5回城山三郎賞を受賞。