山田 隆道

やまだ たかみち

作家

1976年生まれ。大阪府出身。早稲田大学教育学部在学中に放送作家としての活動を開始。さまざまな番組の構成・脚本や舞台脚本などを執筆した後に、30代で作家に転身。以降は、小説やエッセイ、評論、漫画原作といった幅広いジャンルの作品を執筆している。主な著書は『虎がにじんだ夕暮れ』『雑草女に敵なし!』『阪神タイガース暗黒のダメ虎史』など。