河西 秀哉

かわにし ひでや

神戸女学院大学文学部総合文化学科准教授

1977年、名古屋市生まれ。名古屋大学文学部、同大学院文学研究科博士課程後期修了。博士(歴史学)。京都大学大学文書館助教などを経て、現在神戸女学院大学文学部総合文化学科准教授。主な著書に、『「象徴天皇」の戦後史』(講談社選書メチエ、2010年)、『戦後史のなかの象徴天皇制』(編著、吉田書店、2013年)、『平成の天皇制とは何か』(編著、岩波書店、2017年)、『天皇制と民主主義の昭和史』(人文書院、2018年)など。