昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

冒頭10分で熱狂! レディー・ガガ初主演「アリー/ スター誕生」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

アリー(レディー・ガガ)は歌手を夢見ているが、容姿に自信がなく、ウエイトレスとして働きながら、小さなバーで歌う日々を送っている。世界的な人気歌手のジャクソン(ブラッドリー・クーパー)は、たまたま入ったバーでアリーの歌声を耳にし、瞬時に魅了される。ジャクソンから翌日のライブに招待されたアリーは、ステージに呼び込まれ、二人は即興でデュエットを披露し、観客から大歓声を浴びる。激しい恋に落ちた二人は間もなく夫婦となり、ソロシンガーとしてデビューしたアリーはスターダムを駆け上がる。幸せもつかの間、ジャクソンはアルコールとドラッグに溺れてしまう。

〈解説〉

『アメリカン・スナイパー』のブラッドリー・クーパーが、脚本・出演・製作を兼任した初監督作。歌に引き寄せられた男女の愛と苦悩を描く。136分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆師弟とも同志ともライバルともいえる特殊な愛の物語。主演二人の手がたく入魂の演技。このジャンルの古典になりそう。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★★歌声とスキンシップの力を確信したフィジカルでエモーショナルな映画。観客の生理を直撃するよう設計されている。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★才能が枯渇する恐怖に晒され、アリーの魅力に救われるジャクソン。歌の力と愛する辛さ、綴られるドラマに胸躍り涙。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆前半は陶然。後半はB・クーパーの比重デカすぎないか!? ガガのショウを見せるより、二人の世界に入っちゃった感じ。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★★冒頭10分で熱狂に達するライブ感。ブラッドリー目線でガガに見惚れる、ブラッドリー映画の誕生に歓喜!サントラも☆。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

INFORMATION

「アリー/ スター誕生」(米)
12月21日(金)より全国ロードショー
監督:ブラッドリー・クーパー
出演:ブラッドリー・クーパー、レディー・ガガ、アンドリュー・ダイス・クレイ、デイブ・シャペル、サム・エリオット ほか
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/

出典元

貴乃花一家離別を招いた河野景子(54)・優一(23)異様な「母子密着」

2018年12月27日号

2018年12月20日 発売

特別定価440円(税込)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー