昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「世界経済は着実に拡大し、どんどん良くなっている」  グローバル・エクイティ・ファンドで、成長の果実を享受

アセットマネジメントOne

グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(限定為替ヘッジ/為替ヘッジなし)
愛称:未来の世界 

追加型投信/内外/株式

グローバル・エクイティ(世界株式)投資を推進する意義について、みずほ証券取締役副社長の福家尚文氏が語った。


拡大し続ける世界経済

みずほ証券 取締役副社長 リテール・事業法人部門長 福家(ふけ)尚文氏
みずほ証券 取締役副社長 リテール・事業法人部門長 福家(ふけ)尚文氏

 2018年は、米国の利上げ、米中貿易摩擦にハードブレグジット(英国のEUからの強硬離脱)問題と、不安定な要因が目白押しとなりました。

 2019年も引き続き、世界経済を取り巻く環境は、不透明で不安定なことが”確実です”。

 とはいえ、目の前にある危機だけに気を取られていると、世界経済が着実に拡大し、どんどん良くなっている事実を見逃します。人口増加等を背景に世界経済は拡大・成長する蓋然性が高いのです。そして、イノベーションの展開スピードもますます速くなっています。

Time,Not Timing

 投資を行ううえで重要なことは、「長期」「分散」「継続」です。このうち、最も難しいのが「継続」でしょう。過去100年間を振り返ると、さまざまな危機やショックが次々に世界経済を襲ってきました。

 しかしながら、世界の経済規模や株式時価総額は、さまざまなショックを乗り越えて着実に拡大・成長を続けています。恐怖にあわててパニックにならないこと。グローバル投資で大切なのは、株式市場にいる「時間(Time)」であって、「タイミング(Timing)」ではありません。

 アセットマネジメントOneが提供する『グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(愛称:未来の世界)』は、世界のハイクオリティ成長企業の中から割安と判断される銘柄を厳選して投資するファンドです。一時の停滞はあっても、この先の未来も世界経済は着実に成長すると信じて『未来の世界』に投資してみてはいかがでしょうか。

上記は、「未来の世界」と同一運用戦略で運用する米国籍ファンド「モルガン・スタンレー・インスティテューショナル・ファンド・インク グローバル・オポチュニティ・ポートフォリオ」のパフォーマンスおよび評価順位を表しています。上記順位は過去の一定期間の実績を分析したものです。あくまでご参考としてご理解ください。ファンドの運用実績とは直接的な関係はありません。また、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。
※期間:2008年5月末(設定日)~2018年12月末(月次)※同一運用戦略の米国籍ファンドの運用実績は、運用費用控除前、分配金再投資、米ドルベースのパフォーマンスを表しています。※世界株式は、MSCI ACワールドインデックス(税引後配当込み、米ドルベース)を使用していますが、ファンドのベンチマークではありません。出所:ブルームバーグ、モーニングスター・ダイレクト、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントのデータをもとにアセットマネジメントOne作成
©2018 Morningstar.All Rights Reserved.ここに含まれる情報は、(1)Morningstarおよび/またはそのコンテンツ提供者の専有財産であり、(2)複写または配布してはならず、(3)ライセンサーおよびMorningstarが提供する投資等の助言ではなく、(4)正確性、完全性、または適時性を保証するものではありません。Morningstarおよびそのコンテンツ提供者は、この情報の使用により生じるいかなる損害または損失についても責任を負いません。過去の実績は将来の結果を保証するものではありません。
MSCI AC ワールドインデックスに関する著作権、知的財産権その他一切の権利はMSCI Inc.に帰属します。また、MSCI Inc.は同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。


ファンドの投資リスク
※くわしくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。基準価額の変動要因は、下記に限定されるものではありません。
■株価変動リスク ■業種および個別銘柄選択リスク ■為替リスク ■カントリーリスク ■信用リスク ■流動性リスク
各ファンドは、値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)に投資しますので、株式市場の変動、業種および個別銘柄の選択による株式市場全体の動向との乖離、為替相場の変動、投資対象国・地域における政治・経済情勢の変化等(新興国の経済状況は、先進国と比較して一般的に脆弱である可能性があり、これらの変化が株式市場、為替相場におよぼす影響が大きくなると予想されます。)、組入有価証券の発行者にかかる信用状況の変化、市場に十分な需要や供給がないため取引を行えないまたは取引が不可能となること等により、組入れた有価証券等の価格が変動し、基準価額が下落する要因となります(為替ヘッジ取引を行っても為替変動リスクを完全に排除できるものではありません)。これら運用による損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。また、投資信託は預貯金と異なります。


お客さまにご負担いただく手数料等について
【ご購入時】[購入時手数料]購入価額に上限3.24%(税抜3.0%)を乗じて得た額[スイッチング手数料]ありません。※スイッチングの際には換金時と同様の費用、税金がかかります。【ご換金時】[換金時手数料]ありません。[信託財産留保額]換金申込受付日の翌営業日の基準価額に0.3%の率を乗じて得た額【保有期間中(信託財産から間接的にご負担いただきます。)】[運用管理費用(信託報酬)]ファンドの日々の純資産総額に対して年率1.836%(税抜1.70%)[その他の費用・手数料]組入有価証券等の売買の際に発生する売買委託手数料、信託事務の諸費用、外国での資産の保管等に要する費用、監査費用等が信託財産から支払われます。(その他の費用・手数料については、定期的に見直されるものや売買条件等により異なるものがあるため、事前に料率、上限額等を表示することができません。)※税法が改正された場合等には、税込手数料等が変更となることがあります。※上記手数料等の合計額等については、購入金額や保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。詳細については、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

当広告は、アセットマネジメントOne株式会社が作成したものです。当広告は、アセットマネジメントOne株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しておりますが、その内容の完全性、正確性について、同社が保証するものではありません。また掲載データは過去の実績であり、将来の運用成果を保証するものではありません。当広告における内容は作成時点のものであり、今後予告なく変更される場合があります。投資信託は、1.預金等や保険契約ではありません。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。加えて、証券会社を通して購入していない場合には投資者保護基金の対象にもなりません。2.購入金額については元本保証および利回り保証のいずれもありません。3.投資した資産の価値が減少して購入金額を下回る場合がありますが、これによる損失は購入者が負担することとなります。

[受託会社]みずほ信託銀行株式会社 [投資顧問会社]モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・インク

お申込みに際しては、販売会社からお渡しする投資信託説明書(交付目論見書)等を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。


■照会先 アセットマネジメントOne株式会社
コールセンター
0120-104-694 受付時間:営業日の午前9時~午後5時
ホームページアドレス
http://www.am-one.co.jp/

■投資信託説明書(交付目論見書)のご請求・お申込みは

商号等:
みずほ証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第94号

加入協会:
日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人第二種金融商品取引業協会

■設定・運用は

商号等:
アセットマネジメントOne株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第324号

加入協会:
一般社団法人投資信託協会
一般社団法人日本投資顧問業協会