昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「子どもには落ちたものを食べさせよ」寄生虫博士・藤田紘一郎が孫に「バッチイもの」を食べさせる理由

東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎氏

「土を食べなさい」

 近年、免疫学の世界では、「先進国で問題となっているアレルギー性疾患は、ヒトの腸内細菌の減少と関連している」と指摘されている。

 欧米では、最新の免疫学をもとにした書籍が多数出版され、とくに『「きたない子育て」はいいことだらけ!』(ブレット・フィンレー、マリー=クレア・アリエッタ著 プレジデント社)、『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』(ジョシュ・アックス著 文響社)はベストセラーとなり、日本でも邦訳が出版された。

 この2冊の原書のタイトルは、それぞれ『Let Them Eat Dirt』、『Eat Dirt』で、要するに「土を食べなさい」という衝撃的なものである。

 実は日本でも20年以上も前から同様の主張を訴え続けてきた免疫学者がいる。『笑うカイチュウ』や『腸内革命』の著者で、「寄生虫博士」としても知られる東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏だ。

 藤田氏は、「腸内には善玉菌だけでなく悪玉菌や日和見菌(ふだんは「善玉」の動きをしているのに体調が悪いときには「悪玉」に豹変する菌)もいるのが正常な状態で、その比率は2:1:7。生物多様性に富んだ土は、日和見菌である土壌菌が多く生息している」と解説する。“土を食べなさい”の真意とは、「土壌菌を体内に取り入れることが腸内細菌の活性化を促す」ということだ。