昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

2019/02/08

ZOZOは中国の一流生産工場に入り込めるか?

 前澤氏は来期以降も、PB事業を通販と並ぶ経営の柱に育てたい考えだが、アパレルの専門家はこう指摘する。

「中国では一流の品質で仕上げる生産工場は限られています。そのほとんどはすでにユニクロやZARA、H&Mといった大手と何年も取引をしている。新参者のZOZOが入るのは容易ではありません」

 筆者がユニクロの中国工場を取材した際、浙江省の有名工場はユニクロ以外にも、ナイキ、プーマなど複数の有名ブランドの製品を生産していた。そうした工場が、ZOZOに切り替えるとすれば、取引金額にプレミアを上乗せするほかないだろう。だがそうすれば、PB事業での利益率を圧迫することになる。

 これまで西遊記や野菜のコスプレ姿で決算発表をしていた前澤氏。今回はカジュアルウェア姿で、1時間の予定を経過した後も「あと30分はいますので、質問のある方は前にお越し下さい」という誠実な態度で臨んでいた。それは前澤氏なりの危機感の表れかもしれない。しかし、中国工場という高い壁を前に、ZOZOは岐路に立たされている。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー