昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

カルロス・ゴーン氏の勾留生活 体重は10キロ減、たった一人で65歳の誕生日

日経の取材に「これは策略と反逆の結果だ」 ©文藝春秋

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の新たな“私物化問題”が2月上旬、立て続けに報じられた。

「16年にベルサイユ宮殿で開いたキャロル夫人との結婚式では、宮殿の使用料約620万円を仏ルノーの資産から不正に支出していたと指摘されました。同宮殿で14年3月に行われた日産・ルノー提携15周年パーティは、約7500万円に及ぶ費用を両社の統括会社が負担していましたが、実際はゴーン氏の60歳の誕生日会。レバノンの有力者数十人や再婚前のキャロルさんなどが招かれ、星付きシェフによる豪華な料理が振る舞われていた。ともにルノーの社内調査で明らかになりました」(社会部デスク)

 ここに来て、本格的に“ゴーン追放”に舵を切ったルノー。ゴーン氏側近が明かす。

「ゴーン氏はいずれも『適切な手続きを経ており、問題ない』というスタンスを取っています。しかし、自身を裏切るようなルノーの動きには苛立ちを見せている。声を荒げることもありました。これまではゴーン氏の意を受けて水面下で動いていたルノーのボロレCEOも、日産の西川廣人社長と急接近しています」