昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

巨人の若手はシラけてる 原監督の中島、岩隈への“えこひいき”

マイペース調整の岩隈(左)と中島

「あの2人だけ、何でこんなに違うの?」

 キャンプ中、巨人の若手、一軍当落線上の選手からこんなボヤキが漏れてくるという。

“あの2人”とは前オリックスの中島宏之内野手(36)と前マリナーズの岩隈久志投手(37)のこと。共に今オフ、原辰徳監督の肝いりで巨人に加入したベテランだが、誰が見てもえこひいきとしか思えない待遇を受けているのである。

「好対照だったのが、中継ぎとして期待されて一軍スタートが決まっていた谷岡竜平投手(22)の三軍落ちです」と苦笑するのはベテラン野球記者。

「谷岡は“コンディション不良で三軍落ち”と発表されたが、原監督は『こんなのサラリーマンの世界で言ったらクビだよな。プロ野球選手の故障は職場放棄と一緒だから』とボロクソでした。なのに中島がキャンプ初日に腰の張りを訴えて別メニューになると、『ま、大事をとって、ということだと思います』ですから」

 中島が全体練習に合流したのは第2クールから。完全な出遅れだが、それを原監督が罵倒することはなかった。

 もう1人の岩隈に至っては、より程度がひどいようだ。