昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「今でしょ」ブレイクから6年 林修先生はなぜ“消えない”のか

独特の眼ヂカラ ©文藝春秋

「いつやるか、今でしょ!」のCMから10年。予備校講師・林修(53)はただの“流行語男”ではなかった。「林修の今でしょ!講座」(テレ朝系)など冠番組3本。レギュラーとして出演する番組も5本を数える売れっ子ぶりだ。

「林がMCを務める番組は、“家族揃って見られる”雑学番組。これは、昔は『クイズダービー』(TBS系)のようにクイズ番組の形を採り、タレントをMCに立てるのが一般的だった」(放送記者)

 だが、クイズ番組は徐々に衰退。その空白を埋める形で台頭したのが林や池上彰(68)だという。

「ひな壇にタレントや芸人が並び、生徒として講義を受ける形式は、視聴者も一緒に聴いている感覚になれるという点で、クイズ番組の遺伝子を受け継いでいる。政治・国際問題などに特化している池上に対し、林は雑学全般。うまく色分けできたことで、異色の経歴を持つ司会者としての地位を確立した」(同前)

 東大法学部卒業後、就職した長銀を半年で退職。数年の雌伏ののち予備校講師に。現代文を教えていた時、漢字の勉強をする生徒が少ないことから、漢字をやるのは「今でしょ」のフレーズが生まれたという。09年からは今も教鞭を執る予備校のCMに出演し決めゼリフを披露。徐々にお茶の間に浸透した。

「やがて民放からNHKまでがパロディ化するなど人気に火がついたが、決定打だったのは13年に出演したトヨタのCM『いつ買うか、今でしょ』。これで流行語大賞にも輝いた」(芸能デスク)