昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

タイトルは「国税ファック」!? 脱税容疑で逮捕された青汁王子“幻の暴露本”

 架空の経費を計上するなどで計約1億8千万円を脱税したとして今月12日、東京地検特捜部に逮捕された三崎優太容疑者(29)。三崎容疑者は国税当局への恨み節を暴露本にして刊行したいと、実際に出版社に企画を持ち込んでいたことがわかった。

 三崎容疑者が代表取締役を務める健康食品販売会社「メディアハーツ」(東京都渋谷区)は、「すっきりフルーツ青汁」などの健康食品で急成長し、2017年9月期の売上高は約120億円に上った。

昨年7月、1億1000万円で競走馬を競り落とした三崎容疑者 ©時事通信社

 三崎容疑者は「青汁王子」という呼称で「有吉ジャポン」(TBS系・18年6月30日放送)や「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系・同年8月14日放送)などのテレビ番組に出演。昨年11月のFNNのインタビューでは、「税金を納めても称賛されることがない」「海外で生活すれば非居住者になれる。そうすれば日本のひどい重い税率から逃れられる」などと国税当局に対する恨み節を披瀝していた。

 昨年8月には自身のSNSで国税局から連絡があったことを公表。昨年末には「Good Bye JAPAN」と題したツイートで「住民異動届」の写真を公開している。実際、12月30日にはマルタ共和国へ出発する航空機内での自撮り写真をアップしていた。

 国税関係者が証言する。

「彼はタックスヘイブン(租税回避地)のマルタへの移住を希望し、課税逃れを企んでいた。年末には海外転居したことにして、現地を訪れていた。1月1日時点で住民票が日本国内にあると地方税の納税義務が発生するため、年末までに住民票の籍を抜いておく必要があったようだ」

 だが、1月中に堂々と帰国している。「自分は絶対に捕まらない」と豪語していたという。

三崎優太オフィシャルブログより

「『幻冬舎から「国税ファック」というタイトルで本を出す』とも話していたようだ。年内にも出版するような口ぶりだったそうだ」(同前)

 この出版計画はまったくの“絵に描いた餅”だったわけでもない。三崎容疑者から売り込みを受けたという担当編集者に話を聞いた。

「昨年の秋頃、三崎さんご本人から出版の話は確かに頂きました。『国税に入られたので、国税に対する文句を書きたい』ということだった。釈放されていろいろ片付いてから、内容次第で出版を考えてみてもいいかもしれないとは思っています」(幻冬舎担当編集者)

「週刊文春デジタル」オリジナル記事では三崎容疑者の逮捕直前の様子や、マルタ移住計画も含めて詳報する。

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。