昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載「イラク水滸伝」外伝

イラク水滸伝――巨大湿地帯に、豪傑たちが逃げ込んで暮らした“梁山泊”があった!

メソポタミア文明が誕生した地で

2019/02/28

genre : ライフ, , 歴史, 読書

「イラク」。なんて禍々しい響きなのだろう。イラクと聞いて思い出されるのは、サダム・フセイン、イラン・イラク戦争、湾岸戦争、化学兵器によるクルド人虐殺、内戦、アルカイダ、イスラム国(IS)、自爆テロ、拉致、処刑、難民……。

 不思議なことに「イラク」という国名が一体どこから来たのかははっきりしないのだが、世界最古の都市とされる「ウルク」に由来するという説もある。ウルクは今から5000年以上前にユーフラテス川のほとりで栄えた。人類史上初の文明、いわゆるメソポタミア文明だ(初期のメソポタミア文明は、担い手がシュメール人だったので、シュメール文明とも呼ばれる)。

イラクへの想いは止んだことがない

 日本の自衛隊が派遣されたサマワという町の郊外に今もウルク(ワラカ)の遺跡がある。ウルクとその周辺地域では文字が創られ、灌漑農業が開発され、学校や役場が始まり、土地の売買や賃借が行われ、パンやビールが生み出された。酒を飲みながら男と「立ちバック」で交わる粋な女性のレリーフすら発見されている。現代文明はウルクが源であるといっても過言ではない。

 イラクとウルクが醸すこの両極端なイメージはしかし、現在のイラク人の生活やリアルな状況を何一つ語ってくれない。だからこそ自分で行って、この目で見てみたいと思うのは人情だろう。だが、いかんせん、外国人が行くには難しい国だ。それは20年前から今に至るまで変わらない。

 実は、私は1990年代半ばにイラクに長期滞在しようと考えていた。イラク人を見つけて友だちになり、アラビア語を習っていたこともある。だが、うまい方策を思いつけず計画は頓挫してしまった。最近ではアルカイダやイスラム国が登場し、ひじょうに危険とされているが、イラクへの想いは止んだことがない。

どうみてもアラビアの風景に見えない

 そんな折、朝日新聞の国際面を開いたら驚くべきニュースが目に飛び込んできた。2017年1月のことだ。

「砂漠の国 文明育んだ湿地」という見出し。頭に布を巻いたアラブ人が小舟で水上を行き交い、水牛が泳いでいる写真。どうみてもアラビアの風景に見えない。

舟を葦の棒で操る

 記事を読んで再度びっくりした。ティグリス川とユーフラテス川の合流点付近にはかつて、最大で日本の四国を上まわったこともある面積の「湿地帯」が存在し、そこを生活拠点とする水の民が暮らしているというのだ。私もそれは聞いたことがあったのだが、すでに失われた過去の話だと思っていた。