昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

97歳で運転し、乳児が乗った車に衝突……英フィリップ殿下に「無責任すぎる」と批判

2019/02/24
16年にはオバマ大統領夫妻を乗せて運転した ©共同通信社

 先月の昼下がり、英王室の別邸に通じる私道から飛び出してきた四輪駆動車ランドローバーに、乳児らを乗せた車が衝突した。横転したまま横滑りして脇道に突っ込むランドローバー。通りがかった男性が乳児を救出し、続いて助け出そうとした運転手がエリザベス女王の夫・フィリップ殿下だったから驚いた。

 殿下は97歳という高齢を理由に公務からは退いている。にもかかわらず、警備も付けずに独りで運転していたのだ。怪我はなかったが、震えながら「足、私の足をどこに置けばいい」と叫んだという。礼も言わず「太陽が目に入った」と釈明し、そそくさと別邸に引き揚げた。幸い乳児も無事だったが、助手席の女性が手首を骨折した。

 その僅か2日後、懲りない殿下はあてがわれたランドローバーの新車にまたも独りで乗り込み、シートベルトも着用せず運転する姿をばっちりフォーカスされてしまう。これでは怒らない方がおかしい。骨折した女性は「私は怖くて叫ぶのを止められなかったのに、殿下は謝りもしなかった」「私に対する待遇と違い過ぎる。殿下に過ちがあるのなら起訴されるべきよ」と大衆紙に憤りをぶちまけた。