昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

違法中絶疑惑マタニティクリニック 「母子突然死」で遺族が提訴へ

 違法中絶疑惑や不正請求問題などが明るみに出た埼玉県内のマタニティクリニックを巡り、妻と子どもを亡くした遺族が同院を提訴する動きがあることが、「週刊文春」の取材で分かった。

 提訴の準備を進めているのは、2017年の秋に、妻と妊娠中の赤ちゃん(妊娠4カ月)を同時に失ったX氏。

 X氏は、以前からその経緯に疑問を抱いていたと、「週刊文春」の取材に語った。

「亡くなった時に話して以降、院長からは何の説明もありませんでした。次第に不信感が募り、妻のために自分が動かなきゃ、そう思って、弁護士さんの力を借りて調査と訴訟準備を進めています。お金はどうでもいい。真実が知りたい」

 10月26日の朝、切迫流産を防ぐために入院していたX氏の妻が、クリニックのシャワー室で、心肺停止状態で倒れているのを発見され、そのまま息を引き取った。事件の可能性もあるということで解剖されたが、結果は「突然死」、死因は「不明」とされた。

「週刊文春」取材班が経緯を検証すると、大きく2つの問題点があることが判明した。一つ目は、救命装置がなかったことだ。当時、クリニックにはAED(自動体外式除細動器。電気ショックを与えることで、ポンプ機能を喪失した心臓を正常なリズムに戻す装置)がなく、気管への酸素を確保するための挿管器具も置いていなかった。AEDはスタッフが往復10分ほどかかる近くの公園まで走って取りに行き、挿管は駆け付けた救急隊員によって行われた。

写真はイメージです ©iStock.com

 2つ目は、入院後の診療が適切に行われていなかった疑いだ。診療記録に残るのは「切迫流産」と電子カルテに入力すると自動で出てくる止血剤や子宮収縮抑制剤の処置・処方の指示だけ。つまり、10月5日に入院してからの21日間、担当の院長は一度も診察をせず、投薬がルーティンで続けられていたのだ。

 院長に聞くと、AEDがなかったことについては「だって開院したばっかりだから。でも使えなかった。即死だったんです」と説明し、診察については「診察はしていませんが、回診はしています。挨拶して、顔色見て、問題がなさそうであれば診察はしません」と回答した。

 X氏の弁護士は、「入院中に十分な診療がなされていなかったことに加え、ずさんな救命体制など、医療のスタンダードから逸脱した異常な状況が浮き彫りになりました。診療契約違反で提訴する可能性も含めて検討中です」と語る。

 X氏は誌面では実名を明かしてさらに詳細な告発をしている。他にも新生児が植物状態になってしまった別の母親のケースや、院長夫人の関係者とされる中国人に不正に給与を支払っていた疑惑なども、2月28日(木)発売の「週刊文春」で詳報する。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

出典元

日産西川社長<激白120分>「ゴーンは日本人をナメていた」

2019年3月7日号

2019年2月28日 発売

定価420円(税込)