昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ゴキブリとの絡みは芸術か……美術モデルが母校を”セクハラ提訴”問題の行方

大学側からは「今後、卒業生として同窓会に出席しないでほしい」

 猥褻か芸術か――。繰り返されてきた論争が、法廷の場に持ち込まれた。

 2月27日、東京地裁への提訴を公表したのは、美術学生の授業などで裸婦を務める女性美術モデル(39)。母校の京都造形芸術大学を経営する学校法人「瓜生山学園」を相手に、約300万円の精神的慰謝料などを求めている。

 女性は昨年4~6月、同大が東京外苑キャンパスで開催した公開講座「人はなぜヌードを描くのか、見たいのか。」に受講生として参加した。

「ゲスト講師に写真家の篠山紀信氏が招かれるなど、アート界で著名な講師が全5回の授業を受け持ちました。その3回目は少女の裸などをモチーフにした過激な作品を制作する美術家の会田誠氏、5回目は男性ヌード作品で知られる写真家の鷹野隆大氏が講師でした。原告女性は、この2人の講座内容や言動がセクシャルハラスメントに当たると主張し、企画した大学側を訴えたのです」(司法記者)

会田氏の作品は海外で高い評価を受ける ©共同通信社

 会田氏は講座で少女がレイプされる絵や全裸女性が排泄する絵、AV女優がゴキブリと性交する絵などを見せた上、「美術モデルは自慰行為の対象」との趣旨の発言を行った。また鷹野氏は、男性器を撮影した無修正の作品を大画面で繰り返し見せたという。