昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

史上最高のスパイダーマン作品か 「スパイダーマン:スパイダーバース」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

スパイダーマンことピーター・パーカーの突然の訃報を受けたニューヨーク。ブルックリンの名門私立中学に通う13歳のマイルス・モラレスは、特殊な蜘蛛に噛まれてスパイダーマンとなるが、その能力をまだコントロールできていなかった。ある夜、死んだはずのピーターがマイルスの前に現れる。ピーターは闇社会を牛耳るキングピンが歪めた時空に吸い込まれ、異なる次元からやってきたという。マイルスはピーターを師と仰ぎ、真のスパイダーマンになるための特訓を開始する。2人は、様々な次元から集結したスパイダーマンたちとともに、キングピンの野望を阻止し、全ての次元を元通りにする戦いに挑む。

〈解説〉

キャラクターも絵柄も異なるスパイダーマンたちが活躍するシリーズ初の長編アニメーション。第91回アカデミー賞長編アニメーション賞と第76回ゴールデン・グローブ賞アニメーション作品賞を受賞。117分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆アニメ嫌いだが、これはアニメならではのアクションや景観が素晴らしい構図と色使いで。ポップアート。ギャグも楽しい。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆窓を大きく開け放って、空気をそっくり入れ換えたようなアニメ。スパイダーマンが何度も再生できる理由がわかった。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆映像の美しさに目を見張る。コミカルでシリアス、痛快で優雅、チームパワーが楽しい。孤独に苛まれるヒーロー消滅。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆作劇も上等でグラフィカルな楽しさが満載。様々な作画が混ざり、日本的萌えキャラも乱入。ユニークな企画に拍手喝采。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆史上最高のスパイダーマン。漫画本のヒーローを色鮮やかに活写!ページを目で追う以上に素早く蜘蛛の巣に囚われる!

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
 

INFORMATION

「スパイダーマン:スパイダーバース」(米)
3月8日(金)より全国ロードショー
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
出演:シャメイク・ムーア/小野賢章、ジェイク・ジョンソン/宮野真守、ヘイリー・スタインフェルド/悠木碧 ほか
http://www.spider-verse.jp/site/

出典元

就活女子大生の私を弄んだ大林組幹部

2019年3月14日号

2019年3月7日 発売

定価420円(税込)