昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

神社の刀剣講座が2万円以上! 刀剣乱舞の人気に群がる人々

「欲しいのに手に入らなかったお客様には、本当に申し訳なく思っております」

 そう話すのはファッションセンター「しまむら」の担当者。

 2月に発売した「刀剣乱舞」とコラボレーションしたトレーナーが一部店舗で瞬く間に買い占められ、買えなかったファンから悲鳴があがり、ニュースに取り上げられる騒ぎとなった。

◆ ◆ ◆

 で、“トウケンランブ”って何?

「その経済効果は500億円と目されているが、今もその範囲を広げている状況。巨大ビジネスです」(広告代理店関係者)

東京ドームにてパフォーマンスを行った『刀剣乱舞』の「刀剣男士」たち

 刀剣乱舞、通称とうらぶ。もともとは15年1月に「刀剣乱舞-ONLINE-」として配信開始された、パソコン版のブラウザゲームだ。翌年にはスマホアプリ版が配信された。その人気ぶりを制作元が話す。

「大変有難いことに、ダウンロード数はPC版が200万人突破、スマホ版が500万人を突破しております。感謝の言葉がつきません」

これが刀剣男士(ミュージカル版HPより)

 実在の名刀を擬人化し、その刀剣にまつわる歴史上の刀工や人物、逸話などをベースにしたキャラクター「刀剣男士」が物語を繰り広げる……という、いささか込み入った設定。

「プレイヤーは審神者(さにわ)と呼ばれ、歴史を改変しようとする“悪者”と戦う。ほかの刀剣である仲間を集め、さらに戦う。単純にいえばそういうゲーム。ポイントは登場するキャラクターがすべて美男子であること。それで熱烈な女性ファンがついたんです」(文化部記者)

 そこからの展開は、ゲームの制作元の予想をも超えるものだった。