昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

自分らしい人生を全うするために 元気なうちにお金と不動産を見直す

三菱UFJ信託銀行 三菱UFJ不動産販売

 人生100年時代が現実になるいま、人生の節目で見直しをしたい資産が「お金」と「不動産」だ。三菱UFJ信託銀行と三菱UFJ不動産販売は、長寿社会における資産の頼れるパートナーになるはずだ。

◆ ◆ ◆

安全性と利便性を兼ねた長寿社会の資金管理方法

三菱UFJ信託銀行 リテール企画推進部 トラストファイナンシャルプランナー
小谷亨一氏
三菱UFJ信託銀行 リテール企画推進部 トラストファイナンシャルプランナー
小谷亨一氏

 現在60歳の人の約4人に1人が95歳まで生存するなど、本格的な長寿社会に突入した日本。長生きはもちろん喜ばしいことではあるが、健康や資産寿命など長寿ならではの悩みや不安もあるだろう。三菱UFJ信託銀行の小谷亨一氏は「長寿時代に合わせて元気なうちに『お金』と『不動産』を見直しておくことが、心穏やかな老後を過ごすうえで欠かせません」と話す。

 お金は自分らしい人生を全うするため有意義に使いつつ、安全に守りたいもの。しかし年齢を重ねて判断力や体力が低下するとお金を自分の意志で使ったり、守ったりすることが困難になる可能性もある。そうした場合に不利益を被らないために成年後見制度や資金の使い道を限定する専用口座などがある。

 同社の櫨原(はぜはら)氏は「いずれも資金を『守る』ことを重視しているため、安全性には優れていますが、『使う』ための利便性に欠けるという声も少なくありません」と指摘する。一方で最近注目されている家族信託(民事信託)は、「使う」ための利便性には優れているものの、家族が不正に利用するリスクもあり安全性には不安が残る。長寿社会における資金管理にいま求められているのは、安全性と利便性の両方を兼ね備えていることだ。

三菱UFJ信託銀行 リテール企画推進部 企画グループ 主任調査役
櫨原(はぜはら)大輔氏
三菱UFJ信託銀行 リテール企画推進部 企画グループ 主任調査役
櫨原(はぜはら)大輔氏

 そんな時代のニーズに応える信託商品がついに誕生した。三菱UFJ信託銀行で取り扱いを開始した代理出金機能付信託『つかえて安心』がそれだ。具体的な特長は本頁の図表の通り。契約者が自分の意向を汲んでくれる代理人を選ぶと、判断力や体力が低下した場合でも、代理人によって信託財産から資金を引き出せる。また、代理人の払出請求を他の家族などの閲覧者が確認することで安全性を担保する。

 開発を担当した櫨原(はぜはら)氏は「高齢になり、たとえ判断力や体力が低下しても『家族そろっての旅行』『お祝いの食事会』など、ご本人がお金を出したいイベントはあると思います。そういったシーンで気持ちよくお金を使えることこそが、長寿社会における資金管理のあるべき姿だという想いを具現化しました」と語る。専用のアプリなどデジタル技術を活用することで、利用者の利便性を追求した点も見逃せない。


代理出金機能付信託『つかえて安心』の3つの特長

◆特長1 あなたの思いを実現する「代理人」を選ぶことができる

 契約者さまはこれまで通りお金を使うことができます。ただし、判断能力が低下してしまった場合に、契約者さまの思いをくんで代わりに支払いを行う「代理人」さまを設定することができます。

◆特長2 「専用アプリ」でお金を簡単に払い出すことができる

 必要なお金は、専用アプリで簡単に払い出せます。領収書等を撮影して、アプリ上で請求するだけで手続きは完了。予め指定した口座に振り込みます。来店や郵送での手続き、書類の作成などは必要ありません。

〔契約者さまがスマートフォンをお持ちでない場合、代理人さまだけでアプリをご利用いただくこともできます。〕

◆特長3 払出請求内容や入出金履歴を他の家族も「みまもる」ことができる

 払出請求があると、設定した口座メンバー*にアプリで通知が行われ、全員にご確認いただけます。請求から約5日間は「みまもり期間」として払出しは行われず、契約者さまか代理人さまが請求を取り消すこともできます。閲覧者さまは、いつでもアプリで招待して増やすことが可能です。

*契約者さま、代理人さま(後見人さま)、閲覧者さまを指します。


【つかえて安心に関するご注意事項】
※次の信託報酬がかかります。

【管理報酬】
(1)設定時・追加入金時[200万円以上5,000万円以下の部分:信託金額の1.5%(消費税別)、5,000万円超の部分:信託金額の1%(消費税別)]
(2)信託設定後(月額管理手数料)[480円/月(消費税別)]

【運用報酬】3月・9月の各25日および信託期間満了日に金銭信託5年ものの運用収益から予定配当額(予定配当率と信託金の元本により計算される額)等を差し引いた金額となります。

詳しくは当社ホームページをご確認ください。

『つかえて安心』の詳細はこちらから