昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

お詫びの懇談なのに上から目線……河野太郎外相に記者ため息

「もう少し外務官僚の士気を高めて欲しいんだけどなぁ」

 安倍晋三首相が最近、周囲にこうぼやくのは、河野太郎外相(56)のことだ。

「ポスト安倍」候補の一人だが… ©文藝春秋

 外務官僚のやる気が出ないのも、むべなるかな。河野氏の目が外交以外に向いているのを象徴的に示したのが、3月8日の記者会見だった。長年「国会改革」を掲げてきた河野氏は「(国会改革を)メディアがしっかり報道することが大切」と熱弁を振るった。

 実はその河野氏、2月24日夜には「総理番」の若手記者らと懇談を行なった。日頃、官邸で首相と面会後、駆けつけて中身を聞いてくる総理番を無視して不評を買っているとの噂を聞きつけ、お詫びの意味を込めて一席設けたのだ。ところが、ここでも国会改革を力説。外交防衛をテーマにした集中審議だった衆院予算委員会を振り返り、「7時間も座っていたのに、私への質問は5分30秒だけ」と国会の在り方に疑問を呈し、「国会改革を記事にすれば、総理番の質問にも答えるかも。順番にインタビューを受けてもいいよ」とのたまった。お詫びの懇談にもかかわらず上から目線で注文をつける姿に、出席者の一人は「日曜夜に急きょセットされ、それだけでも、みんな不満たらたらだったのに」とため息をつく。