昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

習近平からの冷たい視線 中国ナンバー2は“史上最弱の首相”か

 3月5日に開幕した全国人民代表大会(全人代)。米中貿易戦争の影響で18年のGDP成長率は6.6%と28年ぶりの低水準に終わる中、視線を集めたのが、経済政策を取り仕切る李克強首相(63)の政府活動報告である。

「李氏が読み上げた報告書には『リスク』という言葉が24回も登場するほど、中国経済は厳しい。米国への配慮もあって、昨年まで4年連続で報告に盛り込んでいたハイテク産業育成策『中国製造2025』にも言及しませんでした」(北京特派員)

「史上最弱の首相」と揶揄する声も ©共同通信社

 もともと汗っかきという李氏。緊張からか、この日はいつにも増して大粒の汗が額から流れ出ていた。

「約1時間半の演説中、数十回にわたって手元のタオルで汗を拭っていました。自身のメガネに汗が落ちてしまう場面もあった。習近平国家主席からの冷たい視線を感じていたのではないでしょうか。実際、李氏の演説中、報告がまとめられた冊子を開く素振りを見せませんでした。演説後に李氏が習氏の隣席に戻った際にも、目を合わせることすらしていません」(同前)