昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「反対:65%」ピエール瀧逮捕で考える「お蔵入り」問題 アンケート結果発表

 3月12日、ミュージシャンで俳優のピエール瀧容疑者(51)が、麻薬取締法違反容疑で逮捕されたことを受け、出演作品が次々と“お蔵入り”状態になりつつある。

 そこで、小誌メルマガ会員対象に緊急アンケートを実施。逮捕俳優作品の“お蔵入り”対応の是非を問うた。3月14日~18日の5日間限定のアンケートだったが、1000超の回答が寄せられた。

送検されるピエール瀧容疑者

 アンケートの結果は下記の通り。回答者は6割が男性、4割が女性で、下は16歳から上は90歳まで。全体の6割以上が「お蔵入り反対」だった。特筆すべきは、「お蔵入り賛成」に男性の20%超が投票したこと。「お蔵入り賛成」の女性票は12%にとどまった。

「お蔵入り賛成派」で顕著だったのは、70代の男性の回答者たち。45%もの人が「賛成」に投票した。対して同年代(70代)の女性の「賛成票」はわずか5%。

 一方で、「反対」の割合が最も大きかったのは女性の70代。95%が作品の公開継続を望んだ。男性では40代が83%と、「反対」の割合が最も大きかった。

 

【全投票の分布】
反対:703票(65%、男性:406票 女性:297票)
賛成:189票(17%、男性:133票 女性:56票)
どちらとも言えない:192票(18%、男性:100票 女性:92票)

 以下に回答の一部を紹介する。