昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

異例の国会答弁 日銀・雨宮副総裁がため息をもらす理由

2019/03/25
“日銀エース”の趣味はクラシック鑑賞 ©共同通信社

「3月14日の金融政策決定会合を直後に控え、“1万8000円発言”は衝撃的だった」

 市場関係者がこう指摘するのは、12日の国会に参考人招致された日銀の雨宮正佳副総裁(63)の答弁。「日銀が買い入れたETF(上場投資信託)は株価がどこまで下がれば簿価を下回るか」との質問に対し、「機械的に試算すれば、1万8000円程度を割ると簿価を下回る」と答えたのだ。いわば1万8000円が“株価防衛線”と明かしたようなもので、日銀にしては踏み込んだ異例の発言だった。

「雨宮氏は早くから日銀のエースと呼ばれ、金融政策を立案する企画畑を歩んできました。酒は飲まないものの、政治の人脈もあり、日銀マンらしくない野心家です。一方で若い頃は、家族の看病で閑職異動を願い出るような“情の人”でした」(日銀関係者)