昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

2019/03/23

「東大を出ても、知識を使えんかったらただのアホ」

 本塁は間一髪でセーフ。執念の分析が生んだ「一歩」が勝敗を分けた。

「無くて七癖あるものやから」と、狭間は不敵な笑みを浮かべる。配球の傾向、投手がサインにうなずく回数やボールをグローブに入れる時のしぐさまで、徹底的に洗い出す。

 理論とともに明石商野球の両輪をなすのが実践力だ。狭間は、関西人らしい言い回しでこんな喩えを出す。

「東大を出ても、知識を使えんかったらただのアホ」

 作戦の成功率を高めるための練習もまた理詰めである。

「たとえば150キロの速球は0.43秒で本塁に到達する。ボールが手を離れてからバントの構えをしても、外角低めに来たら絶対に間に合わない。生徒たちには、『リリースの瞬間に集中しろ。そうすれば0.43秒という間を感じられる』と教えています」

 1月末の段階ですでに、ほとんどの出場校の映像は入手済み。初戦の相手・国士舘の分析にも抜かりはないだろう。素材の集まる私学に反骨心を燃やす狭間がつくりあげた「勝ちやすいチーム」は、この春、全国制覇を虎視眈々と狙う。

出典元

眞子さまを傷つけた紀子さまのお言葉

2019年3月28日号

2019年3月20日 発売

特別定価440円(税込)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー