昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

堕ちた大英帝国 メイ首相がついた108回の“嘘”

2019/04/03
「国民はうんざりしている」と語るが…… ©共同通信社

 期限の3月29日までにEUを離脱できなかった英国のメイ首相(62)。市民生活の大混乱を招く「合意なき離脱」を阻止しようと、離脱撤回や2度目の国民投票を求め、過去最大級の約100万人がロンドン市中に繰り出した。

 これまで議会で、煩悩の数と同じ108回も“3月末離脱”を誓ってきたメイ氏。ところがそれが“嘘”となるや、「英国は内紛や政争、難解な手続き論、EU離脱しか議論しない議員に辟易している」と議会に責任をなすりつけた。

 しかし責任の大半はメイ氏にある。与党の強硬離脱派を封印するため大勝を当てにした解散総選挙で過半数割れを喫し、閣外協力を求めた10議席の北アイルランド地域政党・民主統一党に鼻面を引き回されてきた。完全に無視してきた野党に今さら協力を求めても聞いてもらえるはずもない。英国以外のEU27カ国は一枚岩なのに、英国は閣僚や議員一人ひとりが好き勝手なことを言い出す“学級崩壊”状態に陥っている。