昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載僕が夫に出会うまで

「ずっと童貞のままでいいのか!」好きな男の子に肩を揺さぶられたゲイ少年の気持ちとは

僕が夫に出会うまで #16

2019/04/04

連載「僕が夫に出会うまで」

 

2016年10月10日に、僕、七崎良輔は夫と結婚式を挙げた。幼少期のイジメ、中学時代の初恋、高校時代の失恋と上京……僕が夫に出会うまで、何を考え、何を感じて生きてきたのかを綴るエッセイ。毎週連載。

 

(前回までのあらすじ)高校生の僕は、同級生で親友の男の子、ハセに恋心を抱いてしまう。ひょんなことからハセの恋人「マミちゃん」と同じ健康ランドで働くことになった僕は、嫉妬と寂しさからハセに電話をかけ、号泣してしまう。ハセは僕を心配し、病院に行こうと諭した。

 

(前回の記事「『君にはわからないかもしれないけど』精一杯の告白に、片思いしてる男友達が返した言葉」を読む)

この連載を最初から読む

 ハセに電話をかけて号泣してしまった日から、数日がたった。ハセに病院に行くよう説得されたが、病院へ行ってしまうと、なにかイケナイ事が発覚してしまいそうで、それだけは絶対に避けたいと考えていた。

親友に相談できたら、どんなに楽になれるだろう

 僕の様子がおかしいと察したのは、ハセだけではなかったようだ。 学校へ行くと、同じクラスの親友である翔が、僕の顔を覗き込み、遠慮がちに言った。

「七崎、最近元気ないよね? なんかあった?」

 ハッとした。そんなつもりはないのだけど、元気が無さそうに見えていたのか。心配かけてごめんと思った。もし、ここで翔に相談できたら、どんなに楽になれるだろう。実は、自分が男を好きな変態なのかもしれないと恐れていること。ハセを好きかもしれなくて悩んでいるということ。そしてハセに彼女ができて苦しんでいることを。

©平松市聖/文藝春秋

 だけど、そんなこと、話す勇気はなかった。

「ほんと? ちょっと疲れてるだけだと思う。全然元気!」

 僕は親友に嘘をついた。笑顔を見せたが、ちゃんと笑顔になっていたのかは疑問だったし、翔と目を合わせることができなかった。

「良かった! なんかあったら何でも言って! 俺でよければさ!」

「もちろん! なにかあれば、すぐ翔に相談するよ!」

 なるべく心配かけないようにしなくてはいけないと思った。

彼女を作ることがいかに素晴らしいか聞かされ続けた

 ハセはあの電話以降、僕に、彼女を作ることがどんなに素晴らしいか説き続けた。僕に彼女がいなくて孤独だから、僕の精神が不安定になっていると、ハセは考えているのだ。僕の為を思って言ってくれているのはわかっているが、ハセの言葉はグサグサと胸に突き刺さった。