昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/04/08

出演した女優や男優まで立件するのは極めて異例

 女は抵抗することもなく、両脇を女性捜査員に抱えられ近くに待機していた捜査車両に乗せられた。無修正のわいせつ動画をインターネット配信したとして、警視庁と静岡、愛知両県警は、わいせつ電磁的記録頒布の疑いで東京都内のAV制作会社「P」の社長で台湾籍の女のB(当時67)と従業員ら計6人を逮捕した。保安課によると、Bらは2016年8月、わいせつ動画を撮影し、台湾の会社を介しアメリカの動画配信サイト「カリビアンコム」で販売。台湾の会社は2007年2月から約9年間でP側に計約13億7000万円を支払っていたという。Bらの逮捕の2か月後の2017年3月。P事件は更に拡がりを見せる。

©iStock.com

 動画の撮影現場にAV女優を派遣し、動画サイトでの配信を手助けしたとして、警視庁保安課・静岡、愛知両県警は、わいせつ電磁的記録頒布ほう助容疑で、芸能プロダクション「D」の社長(35)ら計5人を逮捕。DはAV制作会社に女優を派遣しており、2009年から2016年11月までに約1億5400万円を売り上げていたとみられる。社長の他に逮捕されたのは元女優(25)とプロダクションの従業員(34)らだ。逮捕の容疑は2016年2月2日、東京都新宿区のスタジオに女優を派遣し、無修正のわいせつ動画の撮影や配信を手助けした疑いだった。無修正のわいせつ動画を巡り、出演した女優や男優まで立件するのは極めて異例だった。風俗警察としての威信をかけた「サイバー捜査」が実を結んできていた。そしてついに捜査の手は海外にまで及ぶ。

©iStock.com

 2017年3月。動画サイト「カリビアンコム」で無修正のわいせつ動画を配信したとして、わいせつ電磁的記録頒布の疑いで、サイトを運営する米国のグループ会社の社員で、アメリカ国籍のS(34)を逮捕した。警視庁保安課によると、アメリカにコンピューターサーバーが置かれているカリビアンコムによる無修正動画の配信をめぐって、運営側の人物を逮捕するのは初めてという。Sは、日本で撮影された無修正のAV動画データを、配信前に圧縮する作業を担当していた。逮捕容疑は2016年8月17日、カリビアンコムのサイト上で、わいせつ動画を配信した疑い。カリビアンコムには約370人の日本人AV女優が出演する無修正アダルト作品が約4300件登録されているという。