昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「サイン盗み」疑惑 習志野・小林徹監督が語る星稜への「敬意と感謝」

 東邦が習志野を破り、平成最後のセンバツ王者となった第91回選抜高校野球大会。今大会で一大騒動となったのが「サイン盗み」疑惑である。3月28日、星稜(石川)対習志野(千葉)の試合後、星稜・林和成監督が習志野の控え室を二度にわたって訪れ、習志野ナインの「サイン盗み」行為に対して小林徹監督に猛抗議をしたのだ。

林監督は1時間にわたり激白
習志野・小林監督は疑惑を否定 ©柳川悠二

 疑惑のシーンは4回表。習志野が二塁まで走者を進めた際、星稜の捕手が二塁走者に不審な動きがあることを主審に告げた。さらに二死満塁になった時、あらためて林監督が習志野のサイン盗みを主審にアピール。4人の審判団が集まって協議したが、相手ベンチに注意はなく、すぐに試合は再開された。試合は1-3で星稜が惜敗した。

習志野対星稜「サイン盗み」疑惑のシーン

 林監督は抗議の翌日、高野連に騒動を起こしたことについて謝罪の電話を入れたが、習志野のサイン盗みについては、いまだに確信を持っているという。

 この騒動を受け、ノンフィクションライターの柳川悠二氏が4月1日、準決勝を翌日に控えた習志野の小林監督を単独取材。小林監督は言葉を選びながら、かけられた「サイン盗み」疑惑について思いを語った。

――サイン盗みは本当になかったのでしょうか。

「僕は子どもたちと、戦略や作戦の話を一度もしたことがないんです。だからそういう話が持ち上がった時に、『え?』という対応しかできなかった。(林監督が)どういう場面を拾って、主張されているのか。現実には4回以降ですか? 審判の方も注意深く見られていたと思いますので……。僕は正直言って、選手を信用しています」

――では、(星稜の)林監督に謝罪を求めるお気持ちは?

「ぜーんぜん、ないです。試合前から試合後もずっと、日本一を目指す高い志を持った星稜さんに対し、敬意を表しています。日本一のチームと対戦する機会なんてめったにない。自分たちの栄養になる。そういう気持ちで臨んだゲームだった。たまたまうちが勝ってしまったんですけど、やったぜという感情ではなく、高い志を持って過ごされたチームとやらせていただいたことに、試合の勝ち負けにかかわらず、ありがとうございましたと。ただそれだけです」

星稜のピッチャー・奥川(左端)は不完全燃焼で甲子園を去った ©共同通信社

 さらに、柳川氏は、金沢に戻った星稜・林監督にもあらためてインタビュー。4月4日(木)発売の「週刊文春」で、林監督がサイン盗みを確信したという証拠の内容、告発した目的などについて詳報する。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

出典元

安倍政権VS.平成皇室「令和」<暗闘ドキュメント>

2019年4月11日号

2019年4月4日 発売

特別定価440円(税込)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。