昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

ここ3年で1勝の斎藤佑樹 栗山監督の“特別扱い”でよみがえるか

 日本ハムがオリックスに勝利した開幕戦は、延長10回裏、中田翔のサヨナラ満塁本塁打が飛び出すという劇的な展開となった。一方その陰では、斎藤佑樹投手(30)が7年ぶりに開幕戦で登板し、8回1イニングを無失点に抑えていた。

「それを『中田のサヨナラ満弾呼び込む』と報じた新聞もありましたが、マスコミは斎藤が少しでも良ければ10割増しで持ち上げますから(笑)。2点ビハインドの3番手で起用された訳で、普通なら“敗戦処理”なんですけどね。もっとも、彼が投げた後に同点に追いついたので、『持ってる』ってことになるんでしょうか」(スポーツ紙デスク)

名前をコールされると大歓声が ©時事通信社

 斎藤が現在、一軍にいること自体が疑問という声もある。入団から2年間で11勝を挙げたものの、以後の6年間で4勝。ここ3年に限れば1勝しかしていないからだ。

「ストレートは130キロ台後半しか出ず、決め球になる変化球もない。長いイニングは持たないし、連投も利かない。つまり先発もリリーフもできないんだから、何年か前にクビになってないとおかしいんです。だけど日ハムは、スター選手を特別扱いして、地味な功労者には冷たい球団なので、周囲は慣れっこになってますね」(同前)

 そんな斎藤に御執心なのが栗山英樹監督。「佑樹をどう活かすか」と言い続けてきた。