昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載桜庭一樹のシネマ桜吹雪

『スパイダーマン:スパイダーバース』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪

影の主人公

2019/04/07

 サム・ライミ監督の『スパイダーマン』が公開されたのは二〇〇二年。あのころはわたしも若かったから、とつぜんスーパーヒーローになっちゃったピーター・パーカー君になりきり、夢中で観た。そして時は経ち、今年。シリーズ初のアニメ映画である本作を観ながら感じたのは、自分の身に流れたこの十七年もの月日の、長さでした。

 主人公は十三歳の黒人少年マイルス君。ある日、蜘蛛に噛まれて特殊能力を得た彼は、戦い方もろくに知らないまま、悪の親玉キングピンに追われる身に。そこに、パラレルワールドのスパイダーマンたちが飛ばされてくる。中でも、事業に失敗してMJとも別れて下腹の出たおっさんバージョンのスパイダーマンは、マイルスを助けてさまざまなことを伝授する。

 

 周囲から「現代アートみたい!」「脚本もパーフェクト!」と勧められて観に行ったのですが、ほんとに大傑作でした。久しぶりに、DVDが出たら買おうと興奮した。

 わたしは今作を、ちいさなマイルスを応援しながら観ました。苦しみには胸を痛め、成長すれば誇らしい。そんなマイルス君の周りに、父や叔父など大人キャラもたくさんいるので、気づくと彼らのほうになりきり、マイルス少年応援団になっていました。

 中でもおっさんスパイダーマンがよかった……。おっさんが自分の命より若者の未来を迷わず優先できるのは、“大人の責任”があるから。でも同時に“今の自分に価値を見いだせてないから”でもある。それが身に沁み、胸狂おしい。おっさんが影の主人公だった。彼も自分の次元に戻ったら、MJと仲直りして幸せになってほしい……。

 それにしても、原作者はスパイダーマンを“あなたの親愛なる隣人”として描いたというけれど、時を経て、“あなたの親愛なる隣人の息子”になったんだなぁとしみじみ。作品と一緒に歳をとる幸せをも噛み締めました。

INFORMATION

『スパイダーマン:スパイダーバース』
全国公開中
http://www.spider-verse.jp/site/

出典元

安倍政権VS.平成皇室「令和」<暗闘ドキュメント>

2019年4月11日号

2019年4月4日 発売

特別定価440円(税込)