昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

本屋大賞受賞 瀬尾まいこが『そして、バトンは渡された』を書いた理由

「血が繋がっていてもいなくても、誰かに愛情を注ぐことはできる」

 4月9日夜、全国の書店員が「いまいちばん売りたい本」を決める「本屋大賞 2019」の受賞作が決定した。栄冠に輝いたのは、瀬尾まいこさんの『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)。圧倒的な支持を得ての受賞だった。

「本屋大賞 2019」を受賞した瀬尾まいこさん ©末永裕樹/文藝春秋

 瀬尾さんは大阪生まれ、奈良育ち。中学校の国語教師として働く傍ら、2001年「卵の緒」で坊っちゃん文学賞を受賞して作家デビューした。4作目の『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を受賞。2011年に教師を退職。結婚し、5歳の娘を育てながら執筆を続けている。

 本屋大賞受賞作『そして、バトンは渡された』は、刊行直後から書店員を中心に口コミで支持が広がり、紀伊國屋書店のスタッフが薦める「キノベス! 2019」第1位も獲得している。

 さっそく瀬尾さんに話を聞いた。

――本屋大賞、おめでとうございます。

瀬尾 ありがとうございます。受賞できてすごくうれしいです。書店員の方々が選んでくださったので、すごく身近に感じますし、大きな力のある賞だと思います。

 というのも、うちの夫は普段、漫画や雑誌も含めて全然本を読まないのですが、その夫が「それって面白い本ってことやんな」と言って私の本を読もうとしたんです。これって本当にすごいことなんです。

「本屋大賞 2019」の受賞作『そして、バトンは渡された』(文藝春秋)

――感想はどうでしたか?

瀬尾 それが、2~3行読んで「なんかちょっと難しいわ。もっと簡単な本ないの?」って(笑)。難しい話ではないと思うのですが。

 賞をもらうと娘が喜んでくれるのが嬉しいです。少し前に「キノベス! 2019」の賞状が届いたときには、「瀬尾まいこさん、おめでとう」と言って私に渡す“授与式”を20回くらい繰り返してくれました(笑)。

――『そして、バトンは渡された』の主人公・森宮優子は、“3人の父親と2人の母親”を持つ17歳の女子高生です。実の母親を事故で亡くして以来、7回も家族の形態が変わり、現在は37歳の継父・森宮壮介と2人暮らし。複雑な家庭環境で、悲しい物語なのかと思いきや、優子自身は自分の生い立ちを不幸だとは思っていないし、周囲の“家族たち”も彼女に惜しみない愛情を注いでいます。どうして彼女を主人公にしようと思われたのですか。

瀬尾さんの憧れの作家、山本周五郎

瀬尾 私はいつもテーマを最初に決めるのではなく、「こんな人を書こうかな」と考えるところから始めます。今作の場合、「多くの人の愛情を受けて育った、不幸ではない子」を主人公にしようとまず考えました。

 独身時代、中学校の教師をしていると、「生徒もかわいいけど、我が子はもっとかわいいよ」などと周囲の人からよく言われていました。でも実際に娘ができると、もちろんかわいいのですが、「生徒も娘も同じくらいかわいい」ということに気がついた。夫だってそもそもは他人です。誰かを大切にしたり、愛おしく思ったりする気持ちは、決して“血の繋がり”だけで生まれるものではない、と改めて実感したのです。

 それで、何度も育ての親が変わりながらも、すべての親に愛情を持って育てられ、幸せにのほほんと暮らしている優子――というキャラクターを思いつきました。