昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「助けて!」 保育士殺害、捜査員も驚いた同僚女性宅への侵入手口

 東京都杉並区のアパートで照井津久美(つぐみ)さん(32)を殺害したとして、3月30日に逮捕された保育士の松岡佑輔容疑者(31)。彼の首筋には、被害者が抵抗した際に付いたミミズ腫れのような擦り傷がはっきりと残されていた。

◆◆◆

「助けて!」

松岡容疑者

 アパートの一室から悲鳴が聞こえたのは3月26日の正午頃のことだった。

「照井さんはコートを着たまま倒れており、背中の左側には、柄の部分が取れた刃物が刺さり、傷は胸の近くまで達していた。首には圧迫痕があり、室内には激しく抵抗した痕跡も残されていました。2人は、杉並区内の乳児院で保育士として一緒に働いていました」(捜査関係者)

 事件当日、夜勤明けの照井さんは自宅に戻ったところ、室内にいた松岡と揉み合いになったとみられる。

「松岡は前日から休みを取っており、照井さんの留守を狙って部屋に忍び込んでいた。捜査員が驚いたのがその侵入手口。犯行前夜、黒い膝丈のコートを着用した松岡は、“クモ男”のように、2階建てアパートの屋根によじ登って、ベランダに忍び込んだ。そしてバーナーのようなものでガラスを熱し、工具で割って入室しているのです」(同前)

 照井さんは北海道の高校を卒業後、東北福祉大学に進学した。

「福祉心理学科で臨床心理を学び、吹奏楽部に入っていました。保育士を目指して上京し、約10年前に現在の乳児院で働きだした頃、『職場の人も大家さんも、すごく優しい人で安心した』と話していました」(親族)

犯行現場のアパート

 一方、松岡容疑者は神奈川県横須賀市の出身。地元の高校を卒業すると、県内の鶴見大学短期大学部の保育科に進学した。

「両親と兄の4人家族でした。お母さんはカラオケ好きの元気な人ですが、お父さんは大人しい。佑輔君はお父さんに似た性格でした。中学時代は剣道をやっており、防具を入れた大きな荷物を背負って歩く姿を見かけたことがあります。保育士の仕事が決まったとき、お母さんが喜んでいたのを覚えています」(地元住民)