昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

政治評論家を見て「こんなのだったら俺でもできるな」

 個人名での得票数で当落が決まる比例での出馬を模索していた昨年末には、ワイドショーで語る政治評論家を見ながら「こんなのだったら俺でもできるな」と漏らした。近くにいた議員が「テレビに出るなら吉本興業に所属したらいい。社長とメシを食いましょう」と誘うと、「いいね」と応じ、出馬か引退か、揺れる胸中を垣間見せた。その後、足の不調がなぜか治らず益々悪化、今では車いす生活で、永田町に来るのは月に一度ほどだ。たとえ比例で当選しても、「下位ならばドンのメンツが潰れる」(自民党秘書)だけに「夏の参院選には120%出馬しない」(参院中堅議員)との見方が強い。

 昨秋の自民党総裁選では、青木氏の命を受けて参院竹下派をまとめて石破茂元幹事長を支援。3月末の参院議員総会では、片山さつき地方創生担当相を名指しして、「自分が、自分が、ではなく、感謝、感謝の気持ちで」と叱咤激励するなど存在感を見せた。「参院の子分らに片山氏の身勝手さを以前から相談されていて、最後に一言モノ申したのだろう」(政治部デスク)。

 吉田氏が引退すれば、手足を持たぬ青木氏も去りゆくのみ。新ドンの座をめぐり、参院自民は戦国時代に突入する。

出典元

皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮 「抗不安薬」「千鳥足」

2019年4月25日号

2019年4月18日 発売

定価420円(税込)