昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

音声入手「中井は真っ黒だよ」ハンター軍団を野放しにしたNGT前支配人ぶっちゃけテープ

「週刊文春」創刊60周年記念「GW10連休大放出!」
週刊文春デジタルが報じた有料会員限定のオリジナル記事を蔵出しで特別公開します。(公開日:2019年1月30日)

◆ ◆ ◆

「後手後手の対応の末、『第三者委員会の調査』を逃げ口上にダンマリを決める運営にスポンサーは大激怒。それにしても、なぜ運営はそこまで口をつぐむのか。じつは彼らが全容を話せない理由があるんです」(AKS関係者)

新潟のNGT48劇場

 NGT48・山口真帆(23)暴行事件の背景には、アイドルとの交際を目的とした熱狂的な追っかけファン「アイドルハンター軍団」の存在があった。逮捕(不起訴)されたAとB、山口の帰宅時間を2人に教えたCはいずれも軍団の一味だった。

「軍団はスロットやチケット等の転売で荒稼ぎしてアイドルとの交際を生業とする厄介なファン集団です。正直、2016年頃からメンバーの何人かと通じているのは知っていました。代表されるのが、中井りか(21)と熱愛が報じられたZ(20代)。

 彼らは劇場公演や握手会、イベントのチケットを大量購入し、会場で最前列を占領。我が物顔で他のファンを威嚇するなど、ケンカが絶えませんでした。ライブ中に奇声を挙げたり、暴れたり、マナー違反を繰り返していたので、多くのファンが『出入り禁止にすべき』と運営側に訴えていました。でも、NGTの現場責任者である今村悦朗前劇場支配人(59)はスルー。みんな呆れていましたよ。『どうせ大金を払う“太客”だからだろう』って」(NGTファン)

 劇場公演やCD購入などに莫大な金銭を投下することで特定のメンバーを応援するファンのことを、AKB48グループ界隈では「太客」と呼ぶ(※「太い客」のこと。本来は水商売用語)。今村前支配人は太客であるZ軍団の傍若無人な態度を黙認し、むしろ懐柔しようとしていたフシがあったという。

「週刊文春デジタル」では、NGT運営がアイドルハンター軍団を野放しにしていた証拠である“音声テープ”を入手した。昨年夏、NGTのイベント会場で、あるファンが今村前支配人にZ軍団の“出禁”を陳情した際に録音したものである(「週刊文春デジタル」で公開中)。

 ここでその一部を紹介する。

ファン「軍団がイベント会場で暴れたり、やりたい放題でファンは皆、迷惑している」

今村氏「今度会ったら言うから。俺だって命がけだからね、あいつらに何されるか分からないから。今度1回俺(軍団と)飲もうかと思っててさ。飲みましょうって言われて、ここだけの話ね、手なずけているの俺。世間はそれを癒着と言っているじゃん、俺のことを。あれは癒着じゃないからね(略)あいつらだってファンなんだから除外するだけじゃだめだよ。あいつらにも気持ちを改めてもらう方法としてはNOだけじゃダメなんだよ」

ファン「中井りかの軍団員との文春の熱愛報道は?」

今村氏「これをイエローとするかシロとするかは捉え方によって変わってくる。みんな一番聞きたくない言い方をするとこれが芸能界。(中略)中井の場合も乱れがあるよ真っ黒だよって思わせちゃうし、思うところもあるし、実際そういうところあるよ、性格上。でも俺からするとあいつはあいつで守りたいものがある。あいつを切ることは俺の仕事ではない、あいつを俺らは活かさないといけない」