昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「ある種の天才」ウランを作り出した高校生 製造方法を教えた“危ない先輩”の正体

 知ることは、時に罪となる。知識欲が暴走した高校生がとんでもない物を作り出した。

 警視庁は4月8日、高性能爆薬「ETN(四硝酸エリスリトール)」を製造したなどとして、火薬類取締法違反容疑で東京都内の高校2年の男子生徒Aを書類送検した。さらにAは、核兵器の原料にもなるウランの精製物を作製し、譲渡した原子炉等規制法違反の容疑でも調べられている。社会部記者も驚きを隠さない。

ネットオークションに出ていたウラン精製物(「ヤフオク!」より)

「発端の1つは2017年11月、『ネットオークションでウランが売られている』との通報でしたが、捜査過程でそのウランを買ったのがAだと判明した。さらに彼は他からもウラン鉱石を入手し、より純度の高い『イエローケーキ』と呼ばれるウランを精製。ネットオークションで販売し、周囲の高校生にも渡していたようです。放射能はほとんどなく核兵器への転用はすぐにはできませんが、一昔前であれば研究者にしかできなかった芸当で、ある種の天才です」

 警視庁が昨年10月、Aの自宅を家宅捜索した際には、実験器具などの他に化学実験に使う様々な薬品も見つかり、さながら小さな「ラボ」のような有様だったという。ただ、Aは「化学に興味があった」と供述。爆薬も爆発させないまま保管されていた。一介の高校生が、どうやって一連の“作品”を作製できたのか。