昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

本木が“脱アイドル”できた理由

 本木は1982年、薬丸裕英(53)、布川敏和(53)とともに「シブがき隊」としてジャニーズ事務所からデビュー。だが、3人の不協和音から6年後に解散。本木は事務所を離れた。

「翌年、周防正行監督の映画『ファンシイダンス』に坊主頭で主演、いち早く俳優への転身も図りつつも、92年に出場した紅白歌合戦ではコンドームをぶら下げた衣装でパフォーマンス。“脱アイドル”を鮮烈に印象づけた。2009年『おくりびと』がアカデミー賞外国語映画賞を受賞して以降は、押しも押されもせぬ大物俳優です」(同前)

“脱アイドル”“脱ジャニーズ”の最たる成功例とも評される本木。

「まだジャニーズが本格的に俳優に進出していない時期で、直接古巣とバッティングしない道を選んだことが奏功した。主演にはこだわらず、出演作を厳選。『日本のいちばん長い日』(15年)の昭和天皇役は出色だった。来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』での斎藤道三役もどんな本木カラーを出すか、注目されている」(映画関係者)

 迷える現役ジャニーズ勢にとって、何よりのお手本。

出典元

皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮 「抗不安薬」「千鳥足」

2019年4月25日号

2019年4月18日 発売

定価420円(税込)