昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

“ミステリーの女王”の最高傑作を実写化 「アガサ・クリスティー ねじれた家」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

1950年代半ばのイギリスで、大富豪のアリスティド・レオニデスが毒殺された。孫娘のソフィア(ステファニー・マティーニ)は元恋人で私立探偵のチャールズ(マックス・アイアンズ)に、一族の誰かが犯人に違いないと打ち明け、捜査を依頼する。レオニデスの屋敷には、彼の前妻の姉イーディス(グレン・クローズ)を筆頭に、三世代にわたる一族が出入りしており、巨額の遺産を巡り、すべての人物にレオニデスを殺害する動機があった。レオニデスの遺言が無効であることが発覚し、チャールズが真相に近づいたと確信した直後、第二の殺人が発生する。

〈解説〉

ミステリーの女王アガサ・クリスティーが自身の最高傑作とする小説を、『ダーク・プレイス』のジル・パケ=ブレネール監督が実写化。115分。

© 2017 Crooked House Productions Ltd.
  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆贅沢なキャスティングの割にサスペンスは盛り上がらず。謎解き役はあの名優の息子なのにキレが無い。衣裳調度に注目。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆美術や衣裳は丁寧だし、キャスティングも悪くないが、体温が感じられない。フィルム・ノワールの意匠がやや空転気味。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆殺害犯はすぐわかるし親族たちが舞台劇の仰々しさで騒ぐが、それでも面白い。大伯母イーディスの愛が衝撃的だから。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★☆☆シンプルな映画化だが、時代の変更など見せ方に工夫あり。クリスティー物が陥りがちな演出の平坦を辛くも回避したか。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆家が家族をねじれさせる。まさにクリスティー! 日本のドラマや日本人ウケしそうなネタ。富豪描写はさすがに上手。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2017 Crooked House Productions Ltd.

INFORMATION

「アガサ・クリスティー ねじれた家」(英)
4月19日(金)より角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
監督:ジル・パケ=ブレネール
原作:アガサ・クリスティー著/田村隆一訳「ねじれた家」(ハヤカワ文庫刊) 
出演:グレン・クローズ、テレンス・スタンプ、マックス・アイアンズ、ステファニー・マティーニ ほか
https://nejire-movie.jp/

ねじれた家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アガサ・クリスティー,田村 隆一(翻訳)

早川書房

2004年6月14日 発売

出典元

皇太子が漏らされた秋篠宮さまへの憂慮 「抗不安薬」「千鳥足」

2019年4月25日号

2019年4月18日 発売

定価420円(税込)