昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

リアリティ番組「テラスハウス」の顔“てっちゃん”がシェアハウスの寝室で出演女性に“強制わいせつ事件”

「週刊文春」創刊60周年記念「GW10連休大放出!」
週刊文春デジタルが報じた有料会員限定のオリジナル記事を蔵出しで特別公開します。(公開日:2018年10月27日)

◆ ◆ ◆

ミスター慶応やミスター東大ファイナリストによる性的暴行事件が次々に発覚しているが、大人気リアリティ番組の撮影現場でもこんな卑劣な“事件”が起きていた。被害女性は芸能界を引退。一方の加害男性は現在でも人気ドラマに出演している。

〈この番組は、ひとつ屋根の下で男女6人が一緒に生活をします。番組が用意したのは、素敵なお家と素敵な車だけです。台本は一切ございません〉

 毎回このナレーションからスタートするフジテレビの番組「テラスハウス」は、ドキュメンタリーの手法をもって出演者同士の恋愛模様をリアルに描き出す“恋愛リアリティショー”のパイオニア的存在だ。2012年10月に始まったが、視聴率低迷に喘ぐフジにあって、中高生を中心に熱狂的な支持を集め、深夜枠ながら最高視聴率9.1%を記録した人気番組。番組のYouTube公式チャンネルのトータル再生回数は3億回を超えている。出演者であるグラビアアイドルの筧美和子や元AKB・北原里英、モデルの島袋聖南、今井華などは同番組への出演をきっかけに知名度が全国区となった。

テラスハウス撮影現場(当時)

 この”テラハ”の大ヒットによって、恋愛リアリティショーというジャンルは日本でも百花繚乱の時代を迎える。現在では「バチェラー・ジャパン」(Amazon Prime Video)や「オオカミくんには騙されない♡」(AbemaTV)、「恋んトス」(Paravi)など国内動画配信サービスなどで類似番組が続々と放送されている。

 しかし2014年、「週刊文春」(6月5日号)が、「テラスハウス」のディレクターらによる出演者へのセクハラやパワハラ、やらせ強要をスクープ。同年9月で地上波シリーズは終了した。

 翌2015年に映画版「テラスハウス クロージング・ドア」が公開。同年9月より動画配信サイト「Netflix」で新シーズンがスタートしている。現在は軽井沢を舞台にした「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」(Netflix)が配信中だ。

 だが、長寿番組となったテラハ・シリーズの節目となった映画版の撮影中、今でも番組サイドがひた隠しにする“事件”が起きていた。