昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

大ブレイク“キミスイ俳優”の美人DJ宅“通い愛”をスクープ撮

source : 週刊文春

genre : エンタメ, 芸能

「週刊文春」創刊60周年記念「GW10連休大放出!」
週刊文春デジタルが報じた有料会員限定のオリジナル記事を蔵出しで特別公開します。(公開日:2018年9月8日)

◆ ◆ ◆

〈マーシャルの匂いで飛んじゃって大変さ 毎晩絶頂に達して居るだけ〉

 8月30日未明、芸能人が頻繁に現れる世田谷のとあるカラオケバーの個室から聞こえてきたのは、椎名林檎の「丸の内サディスティック」だった。ハスキーボイスでこの歌を歌っているのは慶應大学卒の人気DJ「Licaxxx(リカックス・26)」だ。

「Licaxxxは、きゃりーぱみゅぱみゅ(25)や中田ヤスタカ(38)ら原宿系ポップカルチャーを世に送り出している芸能事務所『アソビシステム』で正社員として働きながら、DJやライターなどマルチな才能を発揮しています。大の音楽好きで、J-WAVE の番組『SONAR MUSIC』にもレギュラー出演しています」(芸能プロ関係者)

 この日の未明、ラジオの仕事を終えたLicaxxxがタクシーで向かったのが冒頭のカラオケバーだった。

「Licaxxxはこの店の常連。このバーは若い子が来ることがそんなに無いから、逆に芸能人にとっては都合が良く、居心地がいいのかもね」(バー常連客)

 Licaxxxが店に入ってしばらくすると、シャンパンが運ばれていった。個室に集まっていたのは、俳優の坂口健太郎(27)や太賀(25)、モデルの馬場ふみか(23)など、錚々たるメンバー。その中に、今回の主役・北村匠海(たくみ・20)の姿もあった。

北村匠海

 北村はダンスロックバンド「DISH//」のリーダーで、メインボーカルとギターを務め、2015年から4年連続で元旦に武道館ライブを行い、話題を集めている。

 また俳優としても大ブレイク中で、テレビドラマ「信長協奏曲」(フジテレビ系)や「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)、「仰げば尊し」(TBS系)など、数々の話題作に出演。興行収入35.2億円の大ヒット記録した映画「君の膵臓をたべたい」(通称「キミスイ」)では、ヒロインに惹かれる「僕」を演じ、第41回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。