昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

どうして男女の欲望はすれ違うのか?――臆病者のための楽しい人生100年計画

2019/04/28

 面倒な話は後回しにして、まずは図1をご覧いただきたい。女性が魅力的だと思う男性の年齢を「見える化」したものだ。

※クリスチャン・ラダー『ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす ビッグデータの残酷な現実』(ダイヤモンド社)より作成。

 左の列が女性の年齢で、それぞれの年の女性がもっとも魅力的だと思う男性の年齢が右側にある。対角線(点線)は男女の年齢が同じラインで、20歳の女性が20歳の男性に、50歳の女性が50歳の男性に魅力を感じるとしたら、この線上に数字が並ぶことになる。

 図を見ればわかるように、20代の女性は自分よりすこし年上の男を魅力的だと思い、30代になると同い年か、すこし年下を好む。

40歳から50歳手前までの女性は年下好みに

 転機は40歳で、好みの男性の年齢は対角線を離れてほぼ垂直に下がっていく。ここから50歳手前までの女性はかなり年下(40歳前後)の男性に魅力を感じるが、49歳と50歳ではまた自分の年齢に近い男性を好むようになる。

 この結果に女性の読者の多くは納得するだろうが、男性にはちょっとショックかもしれない。「女は(年齢にかかわらず)年上の男を好む」というのがこれまでの常識だったからだ。

20歳から50歳までの男性が魅力的だと思う女性の年齢

 では次に、図2を見てほしい。

クリスチャン・ラダー『ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす ビッグデータの残酷な現実』(ダイヤモンド社)より作成。

 これは、男性が魅力的だと思う女性の年齢を「見える化」したものだ。

男性が魅力的だと思う女性の年齢は25歳を超えることはない

 図の右側が大きな空白になっているのは印刷ミスではない。20歳の若者だろうが、50歳のシニアだろうが、男性が魅力的だと思う女性の年齢は20歳と21歳にかたまっていて、25歳を超えることはないのだ。

 女性の読者はこの結果に愕然とするのではないだろうか。男性はおそらく心あたりがあるだろうが、「いくらなんでもここまでは……」と思うかもしれない。

 悪い話を先にすると、これは1年間に1000万人が利用する婚活サイトのビッグデータを解析したもので、街頭アンケートの類とはちがって、学術的にもきわめて正確だと評価されている。よい話は、この婚活サイト(Okキューピッド)の利用者がアメリカなど北米のひとたちだということだ。とはいえ、日本の男だってこんなものだろうと私は思うが。

©iStock.com

30歳以上の男にとって、35歳以上の女は存在しないも同然 

 もちろん、すべての男が小娘(失礼)にしか興味がないわけではない。そこで詳細を見てみると、興味深いことに、20代前半の若者の一部は30代半ばの女性、20代後半の一部は40代前半の女性に魅力を感じている。

 さらに興味深いのは、この「熟女志向」が30歳を過ぎると消失することだ。それ以降、男性の興味の大半は20代の女性に集まり、年上でもせいぜい30代半ばまでだ。これをわかりやすくいうと、「30歳以上の男にとって、35歳以上の女は存在しないも同然」ということになる。