昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

明日から令和 何が変わる? お代替わり5つの疑問

source : 週刊文春 2016年7月28日号

genre : ニュース, 社会

 4月30日に天皇陛下の退位、そして5月1日には皇太子が新天皇に即位する。

〈天皇が崩じたときは、皇嗣が、直ちに即位する〉

 皇室典範第4条にはこう明記されているが、天皇の崩御以外に皇位継承については想定されていない。天皇の「生前退位」の実現には皇室典範の改正などの法的措置が必要になるはずだった。新しい皇位継承のもとで、皇室はどう変わっていくのだろうか。

2019年、新年をお迎えになった天皇ご一家のご近影 宮内庁提供

秋篠宮は「皇太子待遇」に?

「皇太子さまが即位されると、秋篠宮さまが事実上の『皇太子』に当たる皇位継承順位第1位の皇嗣となられます。お代替わりを契機に、秋篠宮家のお世話をする職員51人の『皇嗣職』が新設され、皇嗣職のトップには『大夫』の呼称が与えられます。また、秋篠宮さまには活動の拡大を見込んで、現在の3倍に相当する9150万円の皇族費が支給されるといいます。これは、規模や格の面から考えても『皇太子』と同等の待遇といえるでしょう。『皇嗣』の英語表記も“the Crown Prince”で『皇太子』と同じです」(皇室担当記者)

 ただ、現行典範の第8条は、皇太子をこう定義している。

〈皇嗣たる皇子を皇太子という〉

 皇子とは天皇の息子を指すため、兄である皇太子が天皇に即位されても、弟である秋篠宮は皇太子とはならないのだ。

秋篠宮ご夫妻 ©JMPA

「現行典範では親子間の直系継承しか想定していないのです。現状を考えると秋篠宮さまのために皇太弟の身分を設けるなど制度の見直しが必要なのは明らかでしたが、これまで見送られてきた。東宮家に男子誕生の可能性は常にあるという前提からです」(前出・皇室担当記者)

 ちなみに過去、皇太弟が起こした反乱もある。有名なのは、天智天皇の子・大友皇子に対し、同天皇の弟の大海人皇子が起こした壬申の乱(672年)だろう。皇太弟・大海人皇子は1カ月余の戦いの結果、勝利し、第40代の天武天皇として翌年即位した。